シワ

シワの原因と対策

簡単にできるツボ押しのポイント 簡単にできるツボ押しのポイント はコメントを受け付けていません。

ツボ押しは、中医学の経絡と経穴の理論によって行われる療法です。中医学の考えによれば、人間の体は経絡にって結ばれ、表面の部分に経穴が表れています。この経穴を一般的にはツボと呼び、経穴推拿や鍼術などによって治療が行われています。一般的には、青竹踏みなどでお馴染みの方法です。

ツボ押しのための経穴の数は非常に多いため、全てを暗記することは難しいものです。しかしながら、症状に合わせて選ぶのであれば問題ありません。顔のしわを改善させるための経穴を刺激すれば、体全体の気や血の巡りも改善できます。気の巡りを良くすることは、中医学の理論にとって極めて重要です。経穴推拿の技術によって、五臓六腑の不調まで整えることが可能です。日本の漢方医学の世界でも独自の発展を遂げたものですから、美容のためにツボ押しをすることがおすすめです。

ツボ押しをするためには、母心を忘れてはいけません。指圧によって経穴が刺激されて、気や血の泉が湧くと考えることもできます。指圧という分野は日本で誕生したものであり、美容にとっても有益な治療法です。経絡と経穴を大切にするために、ツボ押しをして体の自然治癒力を高めることは、東洋医学の真髄と言える技術です。飲み物と女性02

1分でできる顔ヨガのコツ 1分でできる顔ヨガのコツ はコメントを受け付けていません。

リンパや血液の流れが悪い、首がこってリンパが詰まっているなどが原因で顔は大きくなってしまいます。それを改善するためには、リンパの流れを良くして行くことが重要です。
また、顔の筋肉も使わなければたるみの原因となってしまい、表情筋が衰えればたるみだけではなく顔が大きくなってしまいます。
顔ヨガはそんな顔を大きくする原因を予防することができ、特別な器具や化粧品がいらない方法になります。小顔やたるみ防止だけではなく、シワの改善や口角を向上させる効果なども期待することができるのです。
正面を向き、目線を上にして舌を下に向けて思いっきり突き出し、口から息を吐き出し、息を吐き切ったら顔を戻してリラックスする、唇を内側に巻き込んだ後、「う」の形で唇を突き出すことを繰り返すなどの顔の表情筋を使って行くことが大切です。これらを一日二回ずつ行うのが効果的で、朝はウォームアップとして、夜は顔の疲れや緊張をほぐすために行います。行っている時は動かしている筋肉を意識することでより効果を上げることができます。
顔ヨガのコツは毎日10秒ずつでも継続して行くことで少しずつでも確実に効果が出てくるヨガですので、長期間行っていくことが重要となります。

カッサの使い方のポイント カッサの使い方のポイント はコメントを受け付けていません。

カッサは中国で行われてきた東洋医学的な考え方に基づく民間療法で、プレートを使って経絡にそって肌をこすります。血液やリンパの流れをよくし、体内の新陳代謝を高め、コリをほぐす効果があります
顔には表情をつくるために細かい筋肉がたくさんあり、この筋肉が凝ってかたくなってしまうと、しわがふえ血色が悪くなり実際の年齢より老けて見えてしまいます。カッサの使い方のポイントをおさえてマッサージを行い、若々しい表情を取り戻しましょう。
顔の皮膚は他の部分に比べて薄く、うっ血しやすいので弱い力でこするようにします。リンパの流れは大変ゆるやかで、弱い力でゆっくりマッサージをするほうが効果が得られやすくなります。カッサのすべりをよくするクリームを塗ってからマッサージします。食後30分は消化の邪魔をしないようにマッサージは避けるようにします。カッサは顔の中心から外側に向かって動かすのが基本です。まず顔の左側から、次に右側の順番でマッサージを行います。まず耳の付近のリンパ節をこすって開き、次に顔全体を丁寧にほぐしていきます。老廃物をリンパ節にそっと押し流していくイメージです。マッサージが終わったら白湯を飲んで休憩をすると、老廃物が体外に排出されやすくなります。

日常のメイクでのシワの隠し方 日常のメイクでのシワの隠し方 はコメントを受け付けていません。

エステなどに行くとシワは取れることが予想できますが費用などを考えると躊躇してしまいます。しわやほうれい線は悩みのひとつですが、肌の手入れやメイクで薄く目立たなくすることは可能なのです。
シワやほうれい線を目立たなくするには、まずスキンケアです。メイク前のスキンケアでシワが気になる箇所やほうれい線を保湿します。化粧水、美容液、乳液などを肌になじませます。続いて下地をつけます。シリコン製の下地は、肌の凹凸を滑らかにしてシワを目立たなくします。シワの中にファンデーションが留まることを防ぐ効果がありますが、下地はセミマットに仕上げます。コンシーラーを使用する場合は、厚く塗ってはいけません。厚く塗ることでさらにほうれい線などが目立ってしまうため、少し明るめの色を少量肌にのせたら薬指でたたくように肌になじませます。ほうれい線など気になる箇所は丁寧に数回繰り返して塗ります。ファンデーションは、ほうれい線などしわの気になる箇所に塗ったら、スポンジなどでたたき込むように塗り厚塗りにしないことが大切です。この段階でほうれい線やしわが気になる場合、ハイライトを入れます。ハイライトを入れることで光の効果がしわなどが気になりません。
メイク直しも注意する点があります。化粧直しの時には、必ずほうれい線など気になる箇所にファンデーションがよれていなか、ということです。よれていたら、ティッシュなどでよれた部分を取り除き、その上からファンデーションをスポンジでたたくように丁寧に塗ります。
しわを隠そうとして厚く塗るのは厳禁です。基本的には薄く、たたき込むように丁寧塗る事が大切です。

首に出がちな老化現象 首に出がちな老化現象 はコメントを受け付けていません。

顔はしっかりケアを行っていても、首のケアまでお手入れが行えている方は少ないかもしれません。
しっかりケアをしないとシワ、くすみ、たるみの原因になります。
特に、年齢の出やすい首。
シワがあると老けて見られます。
シワ、くすみ、たるみのないよう日頃からしっかりとお手入れする事が大切です。
外出する際は、日焼止めを塗る事をおすすめします。
実は、首周りの方が紫外線があたりやすく気づかない間に多の紫外線を浴びています。
首の皮膚は顔と比べて皮膚が薄いのでダメージが大きいのです。
塗るのが嫌な方はストールを巻く、ツバの広い帽子を被るなどして対策する事です。
毎日のスキンケアの際は、化粧水やクリームを少し多めに使い、手に残ったものを顔と同じように優しく浸透させてあげます。
お顔のピーリングをする際一緒にピーリングをしシワ、くすみをとる事で顔よりも暗い首全体を明るく見せて若々しく見せてくれます。
入浴中などリラックスタイムにリンパマッサージをし老廃物をしっかりと流すと効果は上がります。
マッサージクリームやオイルなど滑りやすいものを使用します。
寝る際使用する枕が自分に合っていないとシワの原因にもなります。
枕の見直しもおすすめします。飲み物と女性01

ほうれい線に出てしまう老化現象 ほうれい線に出てしまう老化現象 はコメントを受け付けていません。

鏡を見ていると、若いころとは違うと感じませんか。加齢によってどうしても顔が老けて見えてしまいます。特にほうれい線が目立つと老けて見えてしまうでしょう。

頬がたるんでしまうと必ずほうれい線が出てきます。たるみがひどくなればなるほど目立ってしまいます。頬がたるむのは、肌にハリがなくなっている証拠です。ハリのあるみずみずしい肌であれば頬がたるむこともありません。

また、口の周りは皮膚が薄いので乾燥しやすい場所です。乾燥してしまうと肌の中にある水分も蒸発しやすくなってしまうので、より老化現象が目立ちやすいのです。口の周りに変化を感じたら、ケアを見直すことも考えなくてはなりません。

このように複合的な原因があるのですが、どの原因を見ても老化現象であることがわかります。若いころと同じようなケアをしていては、ますますほうれい線が目立ってしまいます。口の周りの保湿を重点的に行うと同時に、アンチエイジングケアを行いましょう。リフトアップするのです。頬がたるんでいるのを持ちあげることで、ほうれい線が目立たなくなります。若いころの肌に戻すためのケアを続けていくという意識で行いましょう。続けていくうちに、若いころの状態を取り戻せるはずです。

おでこに出やすい老化現象 おでこに出やすい老化現象 はコメントを受け付けていません。

加齢に伴っておでこに現れるのが、横に入るしわです。
頬などにできる症状と同じく、肌からうるおいが逃げたことや紫外線による乾燥などが原因として挙げられます。
そのため、これを改善するにはうるおいを与えてあげればいいわけですから、意識して保湿を行うようにします。
毎日スキンケアをしている人も多いでしょうが、おでこは皮脂が多くて脂っぽいので、つい忘れがちになってしまうため、頬などと同様にケアすることが大切です。
また、横のしわを伸ばすよう、両方の眉毛の上の方の皮膚を持ち上るのも効果的です。
さらに、皮膚がつながっている頭皮をマッサージすることもおすすめです。
頭皮ケアにはコリをほぐしたり血行を促進させたりする目的もあるのですが、これにより頭皮だけでなく顔の血流も促されてくるからです。
老化現象の1つであるしわができるのは、組織が衰えてくるのも関係していますので、血行がよくなってくれば肌の新陳代謝が活性化され症状が目立たなくなってきます。
こういったことを毎日少しずつでも続けていくと、いつか努力した結果が得られるようになるのです。
とはいえ、あまりにもおでこのしわが深すぎる場合は、自己ケアだけでは改善させられないこともありますので、そういうときは美容皮膚科の利用も検討していきたいです。ビューティー30

出やすい目元、眉間に出る老化現象 出やすい目元、眉間に出る老化現象 はコメントを受け付けていません。

目元や眉間が気になり出すのは同時期とは限りませんが、早いと30代ぐらいから気になり出します。目元はとにかく乾燥を防ぐことが大事なので、化粧水で保水、クリーム類で保湿が大切です。目元専用の美容液もありますので、肌がゴワついてくっきりと跡がついてしまわないようセラミドやヒアルロンサン、コラーゲンなど補い、悪い角質は取り去るよう洗顔から気をつけて行うことが必要です。眉間に出るシワというのは、乾燥も勿論ですが表情筋の癖が付かないよう、マッサージが必要です。口を大きく開けてしばらくそのままでいたり、顔の筋肉を運動させるだけでも効果があります。眉間に入るシワは1本入る場合と2本入る場合があります。体のどこかに痛みを感じ、長く続くようですとそれも原因の1つになりますので、体調の悪い場所を治すことも必要ですし、心のケアも必要です。悩み・不安・不満があると日中でも、寝ている間にも眉間のシワが深くなっていきます。思い詰めてしまう時間ばかりでなく、リラックスできる時間が1日の中であるか振り返ってみましょう。良い睡眠がとれているかどうかで、肌にも影響があります。外側からのスキンケアだけでなく、内面のケア、ストレスを溜めないことも大切です。