シワ

シワの原因と対策

カッサの使い方のポイント

カッサは中国で行われてきた東洋医学的な考え方に基づく民間療法で、プレートを使って経絡にそって肌をこすります。血液やリンパの流れをよくし、体内の新陳代謝を高め、コリをほぐす効果があります
顔には表情をつくるために細かい筋肉がたくさんあり、この筋肉が凝ってかたくなってしまうと、しわがふえ血色が悪くなり実際の年齢より老けて見えてしまいます。カッサの使い方のポイントをおさえてマッサージを行い、若々しい表情を取り戻しましょう。
顔の皮膚は他の部分に比べて薄く、うっ血しやすいので弱い力でこするようにします。リンパの流れは大変ゆるやかで、弱い力でゆっくりマッサージをするほうが効果が得られやすくなります。カッサのすべりをよくするクリームを塗ってからマッサージします。食後30分は消化の邪魔をしないようにマッサージは避けるようにします。カッサは顔の中心から外側に向かって動かすのが基本です。まず顔の左側から、次に右側の順番でマッサージを行います。まず耳の付近のリンパ節をこすって開き、次に顔全体を丁寧にほぐしていきます。老廃物をリンパ節にそっと押し流していくイメージです。マッサージが終わったら白湯を飲んで休憩をすると、老廃物が体外に排出されやすくなります。

コメントを受け付けておりません。